BBQでの火起こしを簡単に!基本的な方法や色々な火の起こし方

BBQをするときはまず火起こしをする必要があります。今まで火起こしをしたことがない人は、どうすれば簡単に火起こしができるのか知りたくなることでしょう。

ここではBBQの火起こしをする基本的な方法や簡単に火起こしをする方法についてお伝えします。

うまく火起こしをすることで、楽しく・美味しくBBQを楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

炭の処理方法、自宅でバーベキューをした場合は

炭をバーベキューで使い終わった後の処理は、キャンプ場によっては、処分する場所を設けてくれていたりしま...

BBQ後の炭を後始末する方法と正しい処分方法・NGなこと

初めてBBQをする人は、BBQ後の炭の後始末の方法についてわからないことも多いのではないでしょうか。...

【炭の消火方法】バーベキュー後の炭の処理と役立つグッズ

バーベキューを行った後に必ず必要となる炭の処理、皆さんどうしていますか?炭が消えるまで待つ他には、ど...

BBQの火起こしの方法。着火剤の選び方とスムーズな火起こし法

友人たちとの楽しいBBQ。初めての火起こし担当になり、きちんと火を起こせるか心配という方はいませんか...

炭の火の付け方とバーナーを使った正しい着火方法のコツ

バーナーを使った火の付け方とは?やり方を間違えてしまうと炭に火が移るまでとても時間がかかってしまいま...

炭の着火を簡単にする便利なアイテムとその方法

仲間や友人とするバーベキューは、キャンプやアウトドア好きの人にはたまらないイベントですね。バーベ...

炭への火の付け方。着火剤なしでも火を付けられる方法

キャンプ場に来て、さぁ火を起こそうと思ったら、着火剤がない!とお困りの方はいませんか?キャンプに欠か...

炭の火を消したい!でも火消し壺がない時の代用品と注意点を解説

キャンプやバーベキューなどで炭を起こしたときは、火消し壺を利用して炭の火を消火します。ですが、手元に...

BBQでの火起こし方法。着火剤なしでも新聞紙で火を起こすコツ

キャンプでBBQを始めようと思い、着火剤を使おうと思ったら、うっかり忘れてきてしまった、とお困りの方...

炭が火が付きやすい着火剤の正しい使い方や処分方法をご紹介

バーベキューで炭に火をつけたいなら着火剤がおすすめ。固形タイプと液体タイプの2種類の正しい使い方につ...

炭の火おこし方法。初心者でもできる簡単火おこしのコツ

バーベキューでの火おこしを、初めて自分でするという時には、どのようなものを準備して、どのような手順で...

炭の処理方法を解説!バーベキュー後の炭は安全に処理をしよう

バーベキューをしたあとは、火がついたままの炭をどのように処理すれば良いのでしょうか。今までバーベキュ...

炭への火の付け方を簡単に!初心者でもできるコツや注意点を紹介

キャンプでバーベキューをするときにまずはじめに炭への火の付け方に苦労する人も多いのではないでしょうか...

BBQ後の炭の処理方法は?庭でBBQを思いっきり楽しむ方法

庭やキャンプでバーベキューを楽しんだ後、炭が余ってしまって処理に困ることがあります。炭の火を...

BBQの炭の処理方法とは?マナーをきちんと守りましょう

BBQの炭はどのように処理をしたらいいのでしょうか?燃え尽きるまで待てるときはいいですが、火がついた...

スポンサーリンク

BBQでの火起こし方法!意外と簡単・基本的な火の起こし方

BBQでの最初の難関が「火起こし」です。家族や友人と楽しく食事をするためには、まずは火を起こさなければいけません。火起こしにもたついてしまうと、BBQの雰囲気が悪くなってしまう…なんて事もあるようです。

BBQ初心者の方におすすめなのが、着火剤を使って火起こしをする方法です。

ホームセンターなどでゼリー状の着火剤が売っているので、炭を購入する時に一緒に買っておくと良いでしょう。

まず、新聞紙などの紙の上にゼリー状の着火剤をのせます。

その上に少量の木炭を組むように置き、着火剤に点火します。

木炭はキャンプファイヤーをイメージして、井桁状に組み上げるのがポイントです。空気の通り道ができれば、火が付きやすくなります。

木炭に着火したら、燃焼状態を見ながらうちわなどで風を送り、しっかりを火が付くのを待ちましょう。

強くあおぎすぎると着火剤の火が消えてしまうので注意が必要です。

新聞紙使えば便利で簡単!BBQの火起こし方法

着火剤がない場合でも、新聞紙さえあれば簡単に火起こしを成功させる事ができます。

新聞紙を棒状にひねって着火剤の代わりに使えば、上手くいけば2分ほどで火起こしが完了します。

  1. まずは、新聞紙をひねって棒状にした物を10本準備します。
  2. コンロに細かい木炭を置き、その上から棒状にした新聞紙を井桁状に組んで置きます。
  3. 新聞紙の周りを囲むように木炭を立てて並べ、煙突状にします。
  4. 真ん中の新聞紙の上に木炭を1、2個置いたら、マッチなどで新聞紙の中央に火をつけます。
  5. うちわであおいだり、炭を動かしたりせずにじっと待っていると、2分くらいで新聞紙の上に置いた木炭に着火します。
  6. 新聞紙と木炭で煙突を作れば、本物の煙突内のような上昇気流が起き、何もしなくても火をつける事ができます。

木炭の着火にはある程度の温度が必要です。

温度が上がる前にうちわであおいで火を消してしまわないように、あおぐのを我慢しましょう。

ガスバーナーを使ってBBQの火起こしをする方法

ガスバーナーを使って木炭を直接炙れば、確実に火を起こす事ができます。

「ゴーーーッ」と言う音と共に、強力な火を噴出すガスバーナー。使うのが少し怖いと言う方もいるかもしれませんが、豪快に炙る事で失敗する事なく火起こしができますよ。木炭が大きすぎると火がつくまでに時間がかかり、最悪燃料切れになってしまう事もあるので、炙る木炭は小さめの物を選びましょう。

木炭はキャンプファイヤーをイメージして、井桁状に組み上げます。

空気の通り道があると、より早く火を起こす事ができます。

木炭の中心部に火が付いたらうちわなどを使ってあおぎ、火が燃え上がってきたら一旦あおぐのをやめます。同じ事を繰り返しながら、全体的に火を広げていきましょう。

火起こしが終わったら、ガスバーナーは炙り料理にも使う事ができます。

焚きつけを使った簡単火起こしの方法

焚きつけには灯油などが染み込ませてあるので、マッチやライターがあれば簡単に火が付きます。

しっかりと燃焼時間の長い焚きつけを選べば、短時間で火起こしが完了します。

燃焼時間が短い焚きつけや、火の勢いが弱い焚きつけだと、木炭に火が燃え移る前に焚きつけ自体が燃え尽きてしまいます。

アウトドアショップなどで、火の勢い、燃焼時間がしっかりある焚きつけを選んで購入するようにしましょう。

中には水に濡れても火がつくという強力な焚きつけもあるようです。

焚きつけを使って簡単に火起こし

  1. まずは、BBQコンロの一番下に焚きつけを敷きます。
  2. その上に木炭を隙間を作りながら高く積み上げて並べていきます。
  3. 木炭を積んだら、マッチやライターで焚きつけに火をつけます。
  4. 少し怖いという方は、火をつけたマッチを放り込むようにしましょう。
  5. 焚きつけに火をつけたら、しばらくはあおいだり動かしたりせずに待ちましょう。
  6. 10分くらいたってから、うちわで風を送り込み、しっかりと火を起こしましょう。
  7. 完全に火が付くと、木炭が白くなります。
  8. そうなったらコンロ全体にまんべんなく木炭を広げ、BBQを楽しみましょう。

BBQの火起こしでなかなか火が付かない原因

BBQの火起こしがなかなか上手くいかない場合、原因は何なのか探る必要があります。

主な原因として考えられるのが以下の4つです。

  • 木炭が古い
  • 木炭が湿っている
  • 木炭が大きすぎる
  • 木炭を動かしすぎている

昨シーズンのBBQで余った古い木炭を使った場合は、なかなか火起こしが上手くいかない事が多いようです。

保管場所にもよりますが、古い木炭は湿ってしまって火がつきにくい傾向にあるようです。

また、最初に火をつける木炭は小さいものでなければ難しいです。

最初から大きな木炭に火をつけようとしても、なかなか上手くいきません。

小さい木炭を探して火をつけて、火が安定してから大きな木炭を使うようにしましょう。

大きすぎる木炭は、火バサミなどで砕いて使うのがおすすめです。

しっかりと火がつく前に木炭の位置をずらしてしまうと、そのまま火が消えてしまい、せっかく起きかけた火を無駄にしてしまいます。

火起こしは「待つ」事も大切です。いきなりうちわで強くあおいだり、木炭をずらしすぎる行為はあまりよくありません。火がつくまではじっくりと待ち、木炭をずらすのは色が白くなってきた頃を目安にしましょう。