バイクでソロキャンプ!テーブルの選び方や目安のサイズをご紹介

ソロキャンプを楽しむ方が増えています。バイクにキャンプ用品一式を積んで、気軽にソロキャンプをする方も少くありません。

ソロキャンプは荷物をコントロールすることが必要となります。そこでここではテーブルに注目をして、ソロキャンプにおすすめのサイズ、選び方についてご紹介をいたします。
またテーブルを他の用途にも使える、便利なテーブルについてもご紹介をいたしますので、テーブル選びの参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ソロキャンプに揃えたい便利な料理道具と選び方

ソロキャンプでの料理は、自分ひとり分だけの料理が必要です。大勢のキャンプとは違い、使う道具も少し違っ...

冬のソロキャンプをバイクで行くときのコツやポイント

冬は、家にこもって温かく過ごしたいという人が多い中、アウトドア好きの人の中には、「冬だからこそソロキ...

ソロキャンプをバイクでする際に必要な持ち物とおすすめアイテム

若者から家族層まで、さまざまな世代で趣味にする人が多いキャンプ。本格的なキャンプはもちろん、コテ...

ソロキャンプに必要な道具。バイクツーリングに適した道具選び

最近人気のソロキャンプ。1人でのんびりと過ごせる時間に憧れる男性も多いと思いますが、初めてソロキャン...

ソロキャンプのテントに前室は必要?テントの選び方について

ソロキャンプのテントは前室なしとありではどちらがいいのでしょうか?テントに前室がついていれば...

冬のテント選びのポイント、ソロキャンプのテント選びについて

キャンプの支度、必需品で一番に思い浮かぶのはテント。そして快適なキャンプを行なうために、テント選びは...

ソロキャンプ初心者が揃えるべき道具と選び方のポイント

キャンプが大好きという男性は多いと思いますが、キャンプ好きな男性が憧れるのがソロキャンプではないでし...

ソロキャンプに挑戦する女子におすすめな道具とは

ソロキャンプは、マイペースでキャンプが出来ることから、近年人気が高まっています。それをする人の多...

冬のソロキャンプに挑戦するなら、まずはテント選びから

冬は、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを楽しむ季節ですが、密かなブームなのが、冬のソロキ...

ソロキャンプには何が必要?バイクに積載するグッズと積載方法

キャンプというと家族や仲間で行なうイメージがありますが、一人で楽しむソロキャンプも人気です。またバイ...

ソロキャンプを冬に行う時の、暖房の選び方などについてご紹介

ソロキャンプは、自分の好きなペースで気ままに楽しめるので、徐々に人気が高まっています。そんなセル...

スポンサーリンク

ソロキャンプにおすすめのテーブルサイズ

ソロキャンプの醍醐味は、一人だからこそ味わえる自由や開放感でしょう。
しかし、一人だからこそ困ることもあります。
それは荷物です。

数人いれば共有するテーブルなどのキャンプギアを分担することができますが、ソロだとそうはいきません。
キャンプに必要なものはすべて自分で運ぶ必要があります。
テーブルはなくても正直なんとかなりますが、あったら断然快適なキャンプになりますよ。

ソロキャンプでテーブルを選ぶ時に一番重要になるのはサイズです。
正直なところ、キャンプ場までは車で行くし、駐車場からはリヤカーで荷物を運ぶと言うのであれば、それほど気にする必要はありません。

一人で持ち上げられるサイズであればOKです。

しかし、移動手段がバイクだったら話は変わってきます。
バイクに積載できる量は限られていますから、他の荷物も考慮するとできるだけコンパクトにまとめることが重要になります。

キャンプ用のテーブルは短辺20cmくらいのものが最小

こちらは徒歩で移動する登山者向けです。
歩き移動の多いソロキャンパーにもおすすめのサイズです。

駐車場からテントまでそれほど離れていないのであれば、短辺30cmくらいのサイズのものが良いでしょう。
少し大きめを選びたいならさらに10cm程短辺の長いテーブルサイズもありますよ。

また、テーブルを選ぶ時にはどのような使い方をしたいのかという点も重要です。

キャンプスタイルや使い方によってベストな高さは変わります。また、天板の素材も使い方に合わせて選ぶのがおすすめです。

ソロキャンプのテーブルはサイズと同じくらい軽さも重要

ソロキャンプは、「一人」ということを意識してキャンプギアを選ぶことが重要です。

サイズはもちろん、重さも重要になりますよ。

バイク移動の場合は、重さはさほど気にせずテーブルを選ぶ方が多いです。
自転車と違ってバランスを取るのもバイクの方が楽ですよね?

しかし、キャンプ場によっては駐車場がとても離れていることもあります。

リヤカー貸し出しのある親切なキャンプ場であればよいのですが、そうではないキャンプ場もかなり多いです。
また、より自然な環境を求めてキャンプをしにいくと、かなりの距離を徒歩移動することも珍しくありません。

テーブル選びはどのようなソロキャンプを目指すのかが、とても重要なポイント

整備されたキャンプ場で気楽に一人を満喫したいのであれば、重さはそこそこにデザインなどを重視してもOKでしょう。
ですが、とにかく自然を求めてソロキャンプをするというなら、徒歩移動を考慮してできるだけコンパクトになる軽いテーブルを選ぶのがおすすめです。

バイクでソロキャンプを楽しむなら折りたたんだ時のテーブルのサイズも確認

ソロキャンプに向いているコンパクトテーブルは、小さめサイズのテーブルで、折りたたんでコンパクトに収納できるものが多いです。
しかし、収納後のサイズはメーカーによって様々です。

テーブル収納後の長さも重要

バイクには積載制限幅がありますよね?

収納スタイルには、折りたたみタイプと収束タイプがありますが、バイクでソロキャンプをするなら、収束タイプがおすすめです。

天板をくるくると丸めて収納するロールタイプや、天板を蛇腹に折りたたんでコンパクトに収納することが出来ますよ。
丸めたり蛇腹にする方向によって収納後の長さが変わるので、テーブルになったときの天板サイズと、収納後の長さは必ず確認して選ぶようにしましょう。

テーブルに合わせた椅子のサイズ選びでキャンプがさらに快適に

ソロキャンプでくつろぐために必要なものと言えば、椅子です。
一人だけなので、ゆったりと自然と触れ合えるのがソロキャンプの醍醐味です。
しかし、椅子がなくては腰が痛くなってしまってそれどころではありませんよね?

椅子を選ぶ時には、テーブルの高さも考慮するのがおすすめ

椅子とテーブルの高さが合っていないと、食事や飲み物をのせても取りにくくなるので、とても不便に感じるはずです。
テーブルが高すぎると腕がいたくなりますし、低すぎると背中側が痛くなりますよ。

椅子とテーブルは必ずセットで考えて選ぶ

サイズは使う方の身長や体格などにもよりますが、一概には言えませんが、最低限ローテーブルに合わせるなら椅子も高さの低いローチェアに、足の長いテーブルに合わせるなら、椅子も30~40cmくらいの高さがあるものを選ぶと良いでしょう。

テーブル以外の使い方ができる便利なテーブル

テーブルは食事や飲み物を乗せたり、調理する時に使おうと思われている方が多いですよね?

ですが、選ぶテーブルによってはさらに便利に使えるものもありますよ?

焚き火テーブルの特徴

天板がなくステンレスなどの金属が通っているだけのテーブルです。
メーカーによってグリルテーブルやファイヤーテーブルなど名前は異なりますが、金属で作られたテーブルなので、焚き火や小さなグリルと組み合わせて、調理にも使えるテーブルです。

便利なのはここからで、天板を乗せば普通のテーブルとして使えますし、バーナーで調理する時には天板を風除けとして使うこともできます。
また、洗った後の食器の水切りにも使えたりします。

金属だけで出来ているのがポイントで、火も水もOKなのでアイディア次第でいろいろな使い方ができるのです。

本来は焚き火用のテーブルですが、工夫次第でメインテーブルとしても十分使うことができるでしょう。