冬のソロキャンプをバイクで行くときのコツやポイント

冬は、家にこもって温かく過ごしたいという人が多い中、アウトドア好きの人の中には、「冬だからこそソロキャンプに行きたい」と考える人もいます。
一人の場合は、荷物が少なめで済むので、バイクに乗せて移動することも可能ですが、必要なものや、荷物をまとめるコツなどを学んでおかないと、まるで引っ越すかのような大荷物になってしまいます。
ここでは、バイクで冬のソロキャンプに行く場合の必要な荷物や、荷物をコンパクトにするポイントなどについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ソロキャンプのテントに前室は必要?テントの選び方について

ソロキャンプのテントは前室なしとありではどちらがいいのでしょうか?テントに前室がついていれば...

冬のテント選びのポイント、ソロキャンプのテント選びについて

キャンプの支度、必需品で一番に思い浮かぶのはテント。そして快適なキャンプを行なうために、テント選びは...

ソロキャンプに挑戦する女子におすすめな道具とは

ソロキャンプは、マイペースでキャンプが出来ることから、近年人気が高まっています。それをする人の多...

ソロキャンプを冬に行う時の、暖房の選び方などについてご紹介

ソロキャンプは、自分の好きなペースで気ままに楽しめるので、徐々に人気が高まっています。そんなセル...

ソロキャンプ初心者が揃えるべき道具と選び方のポイント

キャンプが大好きという男性は多いと思いますが、キャンプ好きな男性が憧れるのがソロキャンプではないでし...

冬のソロキャンプに挑戦するなら、まずはテント選びから

冬は、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを楽しむ季節ですが、密かなブームなのが、冬のソロキ...

バイクでソロキャンプ!テーブルの選び方や目安のサイズをご紹介

ソロキャンプを楽しむ方が増えています。バイクにキャンプ用品一式を積んで、気軽にソロキャンプをする方も...

ソロキャンプをバイクでする際に必要な持ち物とおすすめアイテム

若者から家族層まで、さまざまな世代で趣味にする人が多いキャンプ。本格的なキャンプはもちろん、コテ...

ソロキャンプに揃えたい便利な料理道具と選び方

ソロキャンプでの料理は、自分ひとり分だけの料理が必要です。大勢のキャンプとは違い、使う道具も少し違っ...

ソロキャンプには何が必要?バイクに積載するグッズと積載方法

キャンプというと家族や仲間で行なうイメージがありますが、一人で楽しむソロキャンプも人気です。またバイ...

ソロキャンプに必要な道具。バイクツーリングに適した道具選び

最近人気のソロキャンプ。1人でのんびりと過ごせる時間に憧れる男性も多いと思いますが、初めてソロキャン...

スポンサーリンク

バイクで冬のソロキャンプ場合に第一に考えること

冬にバイクでソロキャンプに行く際に第一に考えて欲しいことは、やはり防寒です。

冬のソロキャンプの服装は重ね着をして温かい格好をすること

冬のキャンプは夏のキャンプとは違い、冬ならではの澄んだ空気を楽しむことが出来ます。しかし、同時に寒さが問題となり、よりキャンプを楽しむためには防寒対策はしっかりしておいたほうがよいでしょう。

しかし、ただ厚着をすればよいというわけではなく、通気性が良いものを選びましょう。

テントと寝袋なども冬用に工夫して準備する

テントは二重構造にしたり、テントの床下は断熱出来るマットレスなどを敷くことをお勧めします。

寝袋は冬用のより暖かいものを選ぶようにしてください。

ブランケットを持っていくよりも、冬用の寝袋を準備しておくほうが荷物もかさばらないのでお勧めです。

また、足先や手先は冷えやすいので、手袋は必須ですし、靴もより暖かいものを選ぶようにしましょう。

防寒対策をするために様々な荷物を準備したいところですが、あまり荷物が増え過ぎるとよくありません。

冬のソロキャンプにかかわらず、バイクで移動するソロキャンプの場合は、荷物は必要最小限にしてコンパクトにすることが重要です。

冬のソロキャンプの荷物をバイク乗せる時のコツについて

ソロキャンプ用の荷物をバイクに搭載するにはコツがいります。

バイクから荷崩れしないように固定する事

まず、なるべくコンパクトに荷物はまとめ、走行中に荷物が落ちないように頑丈にくくりつけることが重要です。

バイクの荷台はそこまで大きくないので、荷物を上手にコンパクトにまとめることでより多くの物を運ぶことが出来ます。

コンパクトにまとめる場合は、2~3個くらいの丈夫は箱に入れるとよいです。
箱はふた付きの物が好ましいです。

そして、この箱を大きい順から小さい順に積み重ねていき、上からロープやネットで頑丈にくくりつけましょう。

そうすれば走行中に荷物が落ちることもなく、事故にもつながりにくくなります。

バイクに荷物を搭載する場所はヘッドライドの上下などよりも後部座席にまとめて固定したほうが安定感もありよいでしょう。

冬のソロキャンプをバイクで移動で行う際に必要なもの

冬のソロキャンプをバイクで移動する場合、もちろん移動中も寒さ対策をしっかりしてください。

運転に邪魔にならないような厚さの手袋は必ず装着するようにしましょう。

マフラーは走行中の邪魔になったり、巻き込み事故を起こすと怖いので、ネックウォーマーを使用するのがお勧めです。

また、肌着は機能性を着用すると温かいですし、汗を吸い取ってくれるので着用するようにしましょう。

また、アウターの中に薄手のダウンジャケットを着込むだけでもかなり温かさが違います。

冬のキャンプはアウターはスキーウェアがおすすめ

見た目も気になるという人はお洒落なスキーウェアもたくさんありますから選んで購入してみてください。

下のズボンまで履くとかなりあったかいですよ。

あとは、カイロなどを体に張っておいたり、道中であったかい飲み物を飲んだりしながら寒さも楽しんでくださいね。

冬にバイクでソロキャンプをする時に、準備しておきたい道具とは

バイクで冬のソロキャンプに挑戦する場合は、しっかりと道具を準備して、万端の状態で臨みましょう。

バイクでソロキャンプをする場合は、荷物はなるべくコンパクトにしなくてはならないため道具もこだわったものを選びましょう。

いかに少ない道具でおいしいものを作れるかがカギとなります。

キャンプで料理をするためにまず必要なのが火

冬場は火を起こすのが難しいので、持ち運べるコンパクトなバーナーなどがあると便利です。

バーナーの上にスキレットなどの小さめのフライパンを直接のせて調理すれば簡単に料理を作ることが出来ます。

また、四角い形のクッカーはあるととても便利ですし、小さく収納出来るのでお薦めです。

クッカーで料理を作るだけでなく、コーヒーも入れることができるのであるととても便利でしょう。

食材は缶詰やレトルト食品などを利用すると簡単に調理できるのでお薦めです。もし野菜などの食材を使った料理を作りたい場合は、家である程度下ごしらえしたものを準備しておくとよいでしょう。

なぜ冬のソロキャンプは密かな人気があるのか

冬のソロキャンプはひそかに人気があり、その魅力に病みつきになる人もおおくいます。

冬のソロキャンプの夏には味わえない醍醐味

まずは、冬の夜ならではの空気感はかなり澄んでいて何とも言えない魅力があります。

夏よりも星空がきれいに見えますし、寒い星空の下で温かいコーヒーやアルコールを飲むのもなんとも特別な時間を過ごすことが出来るでしょう。

そして、外での雪遊びをすることも魅力の一つです。
雪だるまを作ったりかまくらを作ったりするのも楽しいですよね。

冬のキャンプはもちろん寒いですが、そんな中で火で暖をとったりすることで、心温まって幸せな気持ちを味わうことが出来るのです。