ソロキャンプに必要な道具。バイクツーリングに適した道具選び

最近人気のソロキャンプ。1人でのんびりと過ごせる時間に憧れる男性も多いと思いますが、初めてソロキャンプに行くという時には、どのような道具を揃えれば良いのでしょうか?
そこで、バイクで楽しむソロキャンプに必要な道具や、ソロキャンプ向けの道具の選び方についてご紹介します。バイクだと、当然たくさんの道具は持っていけません。最低限、これだけは持っていくべき、というものをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冬のソロキャンプをバイクで行くときのコツやポイント

冬は、家にこもって温かく過ごしたいという人が多い中、アウトドア好きの人の中には、「冬だからこそソロキ...

ソロキャンプ初心者が揃えるべき道具と選び方のポイント

キャンプが大好きという男性は多いと思いますが、キャンプ好きな男性が憧れるのがソロキャンプではないでし...

冬のソロキャンプに挑戦するなら、まずはテント選びから

冬は、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを楽しむ季節ですが、密かなブームなのが、冬のソロキ...

ソロキャンプには何が必要?バイクに積載するグッズと積載方法

キャンプというと家族や仲間で行なうイメージがありますが、一人で楽しむソロキャンプも人気です。またバイ...

ソロキャンプを冬に行う時の、暖房の選び方などについてご紹介

ソロキャンプは、自分の好きなペースで気ままに楽しめるので、徐々に人気が高まっています。そんなセル...

冬のテント選びのポイント、ソロキャンプのテント選びについて

キャンプの支度、必需品で一番に思い浮かぶのはテント。そして快適なキャンプを行なうために、テント選びは...

ソロキャンプに揃えたい便利な料理道具と選び方

ソロキャンプでの料理は、自分ひとり分だけの料理が必要です。大勢のキャンプとは違い、使う道具も少し違っ...

バイクでソロキャンプ!テーブルの選び方や目安のサイズをご紹介

ソロキャンプを楽しむ方が増えています。バイクにキャンプ用品一式を積んで、気軽にソロキャンプをする方も...

ソロキャンプに挑戦する女子におすすめな道具とは

ソロキャンプは、マイペースでキャンプが出来ることから、近年人気が高まっています。それをする人の多...

ソロキャンプをバイクでする際に必要な持ち物とおすすめアイテム

若者から家族層まで、さまざまな世代で趣味にする人が多いキャンプ。本格的なキャンプはもちろん、コテ...

ソロキャンプのテントに前室は必要?テントの選び方について

ソロキャンプのテントは前室なしとありではどちらがいいのでしょうか?テントに前室がついていれば...

スポンサーリンク

バイクで行くソロキャンプに必要な道具、テントの選び方

キャンプはグランピングやロッジ等を利用する方法もあります。ロッジ等を利用すればツーリングで荷物を減らすことにも役立ちます。しかし、ソロキャンプをしたいと思っている人なら、しっかり自分でテントをたてて一人の時間を楽しみたいと考える人が多いでしょう。

バイクは荷物を積める量が限られています。

道具のコンパクトさや重さは重要なポイント

通常のテントだと大きく重くなってしまうこともあるので、登山向けやツーリング用のテントの中から選びましょう。

また、テントの形やタイプは今の自分のレベルに合わせて購入します。

ソロキャンプをしようと思ったからには、どんどんレベルアップして行きたいと考えていると思います。テントはそれほど安い物でもないですし、最初からキャンパーとしての理想に近いテントを選びたくなりますが、自分のレベルや状況に合わせて買い替える方が良いでしょう。

テントの設営をするときに一人だと設営しにくいタイプのテントだと設営に無駄な時間が掛かりますので、最初はサイズと自分一人で設営できるかどうかを重要視すると良いでしょう。また、タイプによっては設営場所を選ぶ物もありますが、自立型の設営場所を選ばないタイプもお勧めです。

シュラフやマットもソロキャンプに欠かせない道具

ソロキャンプに必要なテントのポイントはお分かり頂けましたか?テントが決まったらシュラフやマットも大切なアイテムです。

バイクでツーリングしてソロキャンプをするなら、寝不足はリスクに繋がります。

キャンプ中の快眠にはシュラフやマット選びが重要なカギを握っている

バイクの積載量を考えるとコンパクトさは重要ですが、極端に大きくならないのであれば快適性を重要視しましょう。

これまでの経験でご存知だと思いますが、時期によってはテントの中でも結構冷えますので、保温性は大切です。軽くてコンパクトになるのはダウンで、ダウンは自然の温度調節機能が優秀です。

ただ、ダウンは湿気に弱いので、念のためシュラフカバーを併用するのがお勧めです。

快眠のために重要なアイテムであるシュラフの下に敷くマットは、コンパクトさを重視するならエアータイプがお勧めです。ただ、自分で膨らませるタイプだと少し大変ですし、エアータイプは、火の粉などで穴が開かないように注意が必要です。

穴が開く心配がなく、片付けの手軽さで言えばウレタンなどのマットがお勧めです。

荷物を減らすためにシュラフがあればマットは無くても…という人もいますが、シュラフだけでは地面のデコボコや冷たさが体に直接伝わりやすくなります。薄いマットでもあるだけで快眠度に違いが出ますので、欠かせないアイテムです。

他にも揃えたいソロキャンプ道具

キャンプの楽しみと言えば、料理やくつろぎの時間ではないでしょうか。
バイクのツーリングを楽しんだ後、ソロキャンプで好きな時間を過ごすためにも、調理道具も大切です。

バーナーとコッヘルが便利

他にはフォークやナイフ等があればキャンプ料理を楽しめます。ソロキャンプだと料理の取り分けは必要ないので皿は無くて構いません。

ただ、コッヘルをコンパクトにしすぎると、調理がしにくいという難点もあります。気持ち大きめ位が良いでしょう。

コッヘルとバーナーで手軽に楽しめる料理の材料も用意してください。

もしも、道の駅やコンビニなどで出来上がっている食事を買う場合など、全く料理をしない場合はコッヘルもバーナーも不要です。料理はしないけどコーヒーを入れたい場合などは持って行きましょう。

また、くつろぎの時間を楽しむために必要な飲み物も大切です。こだわりのコーヒーを用意したり、雰囲気を盛り上げる音楽を用意していきましょう。

バイクに積める余裕があるなら、コンパクトに折りたためるイスやテーブルがあると、よりくつろげる空間になります。

夜は明かりも必要なので、ランタンやライトになる1台2役や3役になる照明もあると便利です。

キャンプと言えばの焚火は焚き火用アイテムと網などを持って行けば、バーナー代わりに使うことも可能です。

バイクに荷物をしっかり固定するために

バイクに荷物を載せると、しっかり固定したつもりでも走行中の振動で荷物が落ちてしまう可能性があります。

伸縮性のない紐や弱いゴムではキャンプ道具の落下に繋がる

荷物がずれるとタイヤに挟まったり運転に支障をきたす可能性があります。落下したら後続車や対向車が危険です。

ツーリング用のゴムが販売されていますので、ちゃんとした専用品を使うようにしましょう。

また、荷物をまとめても中身がバラバラでバッグの中で動くとゴム紐で留めていても走行中にずれてしまう可能性もあります。

金銭的に余裕があるなら、荷物を入れるためのツーリング専用バッグを用意するのがお勧めです。しっかり固定しやすいような金具もバッグに付いているので、積載しやすくなります。ツーリング用なら基本的に防水加工されているので、雨が降っても安心です。

バイクで楽しむソロキャンプの前に必ずやっておくべきこと

バイクでツーリングしつつソロキャンプを楽しむ場合は、事前準備を怠ってはいけません。

車で仲間とキャンプをする場合は、多少のハプニングも楽しく乗り越えられることが多いですが、ソロの場合はハプニングが本当のピンチになってしまうこともあります。

キャンプの数日前までにやっておくべきこと

キャンプに持って行く道具は一つ一つ点検して、持って行きたい道具を全て実際にバイクに乗せて、安全性や無理がないかも確認して下さい。もしも無理があると思えば持ち物の見直しをしたり、コンパクトなアイテムを買い直しが必要です。

前日の夜などでは間に合いませんので、数日前までに行いましょう。

出発までに行っておくこと

ツーリングコースやキャンプ場所までの道のりはナビ任せではなく、自分で地図で確認して頭に入れておきます。ナビを使うのも良いですが、ナビに頼りすぎると注意が散漫になって事故に繋がったり、充電切れ等でナビが使えなくなったら困ります。

キャンプ地が遠い場合や覚えきれない場合は、全体の経路を確認した後に、最初の目的地や最初の休憩場所までの経路をしっかり覚えましょう。目的地や休憩場所に付いたら、出発前に次の場所までの経路を覚えてから出発します。

最後に、念のために行先や日程などを誰かに伝えてから出発してください。
命を脅かすような事ではなくても、例えばキャンプ場がスマホの電波が届かない場所だったら、連絡が取れない事になってしまって心配をかけてしまいます。
少なくとも行先やキャンプ場の連絡先メモを自宅に残しておきます。