ソロキャンプ初心者が揃えるべき道具と選び方のポイント

キャンプが大好きという男性は多いと思いますが、キャンプ好きな男性が憧れるのがソロキャンプではないでしょうか?一人だけの時間を、のんびりと気ままに過ごせる時間は、リラックスできて贅沢な時間です。
ソロキャンプに行く時には、いつもの大勢で行くキャンプとは、準備する道具も変わってきます。
そこで、ソロキャンプで必要な、準備しておきたい道具をご紹介します。キャンプの道具を運ぶのも、自分だけ。ソロキャンプ初心者は、軽量でかさばらないものを選ぶのが基本です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冬のソロキャンプをバイクで行くときのコツやポイント

冬は、家にこもって温かく過ごしたいという人が多い中、アウトドア好きの人の中には、「冬だからこそソロキ...

ソロキャンプを冬に行う時の、暖房の選び方などについてご紹介

ソロキャンプは、自分の好きなペースで気ままに楽しめるので、徐々に人気が高まっています。そんなセル...

バイクでソロキャンプ!テーブルの選び方や目安のサイズをご紹介

ソロキャンプを楽しむ方が増えています。バイクにキャンプ用品一式を積んで、気軽にソロキャンプをする方も...

ソロキャンプに必要な道具。バイクツーリングに適した道具選び

最近人気のソロキャンプ。1人でのんびりと過ごせる時間に憧れる男性も多いと思いますが、初めてソロキャン...

ソロキャンプには何が必要?バイクに積載するグッズと積載方法

キャンプというと家族や仲間で行なうイメージがありますが、一人で楽しむソロキャンプも人気です。またバイ...

ソロキャンプに挑戦する女子におすすめな道具とは

ソロキャンプは、マイペースでキャンプが出来ることから、近年人気が高まっています。それをする人の多...

ソロキャンプをバイクでする際に必要な持ち物とおすすめアイテム

若者から家族層まで、さまざまな世代で趣味にする人が多いキャンプ。本格的なキャンプはもちろん、コテ...

ソロキャンプに揃えたい便利な料理道具と選び方

ソロキャンプでの料理は、自分ひとり分だけの料理が必要です。大勢のキャンプとは違い、使う道具も少し違っ...

ソロキャンプのテントに前室は必要?テントの選び方について

ソロキャンプのテントは前室なしとありではどちらがいいのでしょうか?テントに前室がついていれば...

冬のテント選びのポイント、ソロキャンプのテント選びについて

キャンプの支度、必需品で一番に思い浮かぶのはテント。そして快適なキャンプを行なうために、テント選びは...

冬のソロキャンプに挑戦するなら、まずはテント選びから

冬は、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを楽しむ季節ですが、密かなブームなのが、冬のソロキ...

スポンサーリンク

ソロキャンプ初心者に必要な道具、一人用テントとこだわりのチェア

ソロキャンプでまず必要なものといえばテントです。
ソロキャンプなので1人用のコンパクトなテントを用意するといいでしょう。

テントは初心者一人でも簡単に立てられるタイプがおすすめ

中には自立式ではないテントもあるので購入の際にはチェックするのを忘れないようにしましょう。
ドーム型となっているものは自立式なのでこういったものを選びましょう。

収納した時にコンパクトになるものを使いたいと考えるのであれば、登山用などのものは比較的そのように作られているのでおすすめです。

チェアの選び方

また、テントの他にもチェアも必要です。
大きいものは必要ないですが、食事をする時やゆっくりとくつろぐ時には座って過ごすことの多いので、より座り心地の良い快適なものを選ぶなどこだわって選んでみるといいでしょう。

なににこだわるのかによって注目するポイントは変わります。

チェアの重さは軽くしたいのならば、軽量で座り心地の良いものをえらんだり、価格をおさえたいのであれば簡易的な折りたたみの小型のチェアを選びましょう。
なによりも座り心地を優先したいのであれば、背もたれの高いものや深く腰掛けれるもの、中にはロッキングチェアのように心地よい揺れを味わうことのできるチェアもあります。

また、チェアにドリンクホルダーやスマホなどちょっとしたものを入れておけるサイドポケットがついていればより快適に過ごせるでしょう。

ミニテーブルも持っていきたい道具

食事をしたり、調理をしたりするテーブルもキャンプには必要です。
テーブルは必要ですが、あまり大きいものを選んでしまうと持ち運ぶ時に場所をとってしまいますし、ソロキャンプですのでミニサイズのテーブルにするのがいいでしょう。

組み立て式もコンパクトでおすすめ

テーブルといって思い浮かべるのは脚を内側に折りたたんで収納することができる折りたたみ式のものを想像することが多いですが、キャンプに持っていけるテーブルには組み立て式のテーブルもあります。

組み立て式は、バラバラになるので折りたたみ式よりも持ち運びにスペースを取りません。
しかし、使う前には組み立てる必要があるので初めて使用する際には事前に1度組み立て方やはずし方の練習をしておくと時間をかけずにサッと組み立てることができるでしょう。

テーブルもテントやチェアと同じように色々な種類があります。
コンパクトさ、テーブルの素材、高さなど自分のこだわる点を重視して選びましょう。
椅子に座った時にテーブルが使いやすい高さにするのか、立って使う時に使いやすいようにするのかでも選ぶテーブルが変わりそうです。

ソロキャンプ初心者向け、シュラフの選び方

テントで寝る際にはシェラフを使って眠ります。

シュラフは入った時により密着して温かいマミー型がおすすめ

密着しているので中での身動きは取りづらいですが、涼しい季節にはあたたかく眠れますし、包まれている感じがとてもいいです。
さらに、使用してから自宅やコインランドリーで洗うことができるものであれば清潔に保つことができます。
夏などは汗をかきやすいのでこまめに洗えたほうがいいですよね。

シュラフだけでは快眠できません

また、そのままシュラフのみでテントで寝ることもできますが、マットを敷いたほうがより快適に過ごせます。
ぜひ、シュラフと同時にマットも用意して使用しましょう。
場所によっては小石などがありますし、身体が冷えるのを防いでくれます。
専用のマットもありますが、銀マットなどでも代用できるのでそこから試してみるのもいいかもしれません。

枕がないと眠れない人もいると思うので、空気を入れて膨らませるタイプの簡易枕を用意しておくとテントで眠る夜もぐっすり眠れそうです。

持ち運びのしやすい便利な調理道具

今まで誰かと一緒に行っていたキャンプではご飯を作ったり調理をすることがなくても、ソロキャンプでは自分で調理をしなくてはなりません。

ですので、初心者でも使いやすい便利な調理器具を持っていくといいですね。

1人用の調理器具が便利

バーナー

まずは、炒めたり煮たりする時に使う重要な火力としてシングルガスバーナーを持っていきましょう。
見た目はとてもコンパクトなので火力が心配になりますが、きちんと料理できる火力があるので安心です。

クッカーも用意

中でもソロクッカーは鍋の大きさが小さいので、1人分の料理を作るのに大きさがぴったりです。
また、シングルガスバーナーに乗せる時ものせやすいです。

カトラリー

調理器具や食事をする時につかうカトラリーも用意しましょう。
包丁とは違い、箸やスプーン、フォークなどは使い捨てのものがありますが、おすすめはしっかりとしたものを揃えることです。
使い捨てはゴミとして捨てるので手間もないですが、道具がしっかりとそろっているとキャンプも楽しいですし、料理もやる気が出ると思います。

また、一通りセットとして売っているものはデザインも統一されていますし収納もしやすくコンパクトなのでそういったものがおすすめです。

ソロキャンプ初心者にはまず春夏シーズンから始めるのがおすすめ

ソロキャンプは春から冬までどの季節でも楽しむことができますが、ソロキャンプ初心者であるならば、寒さの少ない春や夏に始めるのがおすすめです。

寒い季節にソロキャンプをすると、暖房や冬に適したテントなど防寒対策も必要ですし持ち歩く荷物も増えてしまいます。
揃えたキャンプグッズでは秋や冬のキャンプを十分に楽しめない可能性があります。

初めてのソロキャンプは快適に過ごしやすい春や夏に始めましょう

何度か経験していくうちに、ソロキャンプ自体にも慣れますし、その中で必要なものやなくてもいいものなどが見えてくると思います。
また、これがあればもっとキャンプが快適になるなと気付くこともあるでしょう。
それから秋や冬の寒い季節のソロキャンプに挑戦してみても遅くはありません。

季節が違うだけで過ごし方や必要なものも変わってくるので、事前に下調べをして準備をしっかりしてからソロキャンプに臨みましょう。