BBQはアヒージョがおすすめ!代用できる・使える容器を紹介

BBQをするときにおすすめの料理の一つがアヒージョです。実際にBBQでアヒージョを作ったことがない人は、どんな容器を使えばいいのかわからないことでしょう。

ここでは、BBQでアヒージョを作るときの容器についてお伝えします。どんな容器を使って作るものなのか、容器がない場合はどんなもので代用できるのかご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

BBQで美味しいアヒージョを作り、楽しいひと時を過ごしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

BBQにおすすめなアヒージョをアルミ皿で!注意点もご紹介

BBQといえばお肉ですが、お肉ばかりを食べていると飽きてしまいます。そんな時に食べたいのがサイドディ...

スキレットでステーキを焼こう!キャンプでスキレットが活躍

キャンプでダッチオーブンやスキレットを使う方が、多く見られるようになりました。また使用してみ...

BBQでの肉の美味しい焼き方。今よりもっと美味しくするコツ

キャンプでは、炭火で焼いた美味しいお肉を食べるBBQも楽しみの一つです。炭火で食べるお肉は、いつもの...

BBQの鉄板のサビを効果的に落とす方法などについてご紹介

BBQは外で肉や野菜が美味しく食べられて、楽しいものですが、それに付き物なのが、しばらくしまっていた...

BBQにおすすめのおしゃれメニューはコレ!美味しい料理を紹介

友達みんなでBBQを楽しむとき、なるべくおしゃれで美味しいメニューを作って楽しみたいと考える人もいる...

BBQコンロの網や鉄板の掃除方法。汚れを落とすためのコツ

楽しいBBQの後には、BBQコンロの掃除が待っています。油やしつこい焦げ付きのついたコンロの網は掃除...

BBQの持ち物にいれておくべき、便利道具とは

BBQの持ち物を準備する時に、基本的な持ち物を持っていくのももちろんですが、快適にかつ簡単に運んだり...

BBQグリルの掃除方法と掃除を楽にするための簡単なコツ

BBQの炭火で焼くと、いつもと同じ食材を使ってもとても美味しく焼けます。美味しいBBQの後に待ってい...

スポンサーリンク

BBQでアヒージョを楽しもう!アヒージョの容器について

アヒージョは、ニンニクをオリーブオイルで煮て、好きな具材を入れて食べる人気のスペイン料理です。

耐熱の容器と火があればどこでも作る事ができるので、野外でのBBQでも楽しむ事ができます。

アヒージョは「カスエラ」という陶器の容器を使って作られる事が多いのですが、BBQにわざわざ専用の器を用意するのはちょっと…。

BBQでアヒージョを楽しむならミニフライパンがおすすめ

外で割れてしまうのも心配だわ…と言う方には「ミニフライパン」がおすすめです。直径15センチほどの小さめのフライパンをキャンプ用に一つ用意して、アヒージョ作りに役立てましょう。

あまり大きなフライパンだと、オリーブオイルが大量に必要になってしまいます。

卵焼き用のフライパンや、100円ショップでも手に入る小さなフライパンで十分です。

外で使うものなので、高級なフライパンを用意する必要はありません。値段が安く、万が一汚れや焦げ付きが付いても気にならない程度のものを用意するのがおすすめです。

BBQでアヒージョを作るときに使える鉄製の容器

アヒージョは、常にアツアツで食べたい料理なので、保温性の高い容器がおすすめです。ただし、カスエラのように割れてしまう陶器の容器は、BBQにはあまり向きません。BBQでは道具を持ちながら移動する事も多く、うっかり落としてしまう危険性もあります。

落として割ってしまう事を避けるためにも、BBQには鉄製のスキレットもおすすめです。

スキレットは鋳鉄を用いたフライパンで、耐久性の高さと扱いやすさが魅力です。

また、真っ黒な見た目がかっこ良く、写真映えするアヒージョを作る事ができます。

片手で簡単に動かす事ができるので、ちょこちょこと鍋の位置を変える必要があるBBQにはもってこいのアヒージョ容器なのです。

自宅にあるもので容器を代用!BBQでアヒージョを食べよう

スキレットなどのアヒージョ用の容器がない場合、自宅にあるもので代用する事が可能です。

  • グラタン皿
    耐熱がしっかりしているグラタン皿はアヒージョの容器として代用する事ができます。
    グラタン皿はカスエラとほぼ同じ素材でできているので、アヒージョ容器として一番代用しやすいでしょう。
  • たこ焼き器
    たこ焼き器には、たこ焼きを作るための丸がいくつもあり、その1つ1つに油とニンニクを入れ、色んな具材を入れると、様々な味のアヒージョを楽しむことができます。
    コンセントタイプのたこ焼き器なら、室内でアヒージョを楽しむことができますし、ガスコンロで直火で使うタイプのたこ焼き器があれば、BBQの網の上でアヒージョを楽しむことができます。

アヒージョの容器・100均で購入できる代用できる容器

BBQでアヒージョをするなら100均で購入できるアルミ容器もおすすめです。

100均に売っている使い捨てタイプのアルミ鍋は、オーブンや直火対応になっているものがほとんどで、サイズも豊富に取り揃えられています。

中には直火NGのものもあるので、直火OKの丁度良いサイズのものを選んでBBQでのアヒージョに役立てましょう。

使い捨てタイプなのでゴミとして捨てられ、BBQの帰りの荷物が減りますよ。

また、アルミホイルを使えば、簡単にアヒージョ用の容器を作る事ができます。

アルミホイルを紙皿などに押し当てて、型をとって容器を作ります。

アルミホイルは10枚くらい重ねて、分厚い容器を作りましょう。
※アルミホイルをケチると、調理途中で穴が開く可能性があるので要注意!

容器が出来たら、美味しいアヒージョを作ってみてください。

アルミホイルは常に家にあるという方がほとんどだと思います。

新たに道具を買う必要なく、簡単にアヒージョを楽しむ事ができますよ。

BBQにはアヒージョがおすすめ!とっても魅力的な料理

アヒージョはオシャレで難しい料理と思っている方もいるかもしれませんが、実はとっても簡単でBBQにピッタリな料理です。

そのまま使えるむきえびやベビーホタテなどの海鮮を使えば、調理設備があまり整っていないアウトドアシーンでも大変作りやすいです。

器にオリーブオイルとニンニク、好きな具材を入れて、後は網の上に乗せて放っておけば、美味しいアヒージョが完成します。

具材を全部食べ終えても、残ったオリーブオイルに新たに具材を加えれば、繰り返し何度でもアヒージョを食べる事ができます。

アヒージョを作る時は、火力の強い部分で調理するのではなく、なるべく網の端っこの方で調理するようにしましょう。

ニンニクは高温で一気に加熱すると香りが失われてしまいます。

弱火での調理が適しているので、網の端っこでじっくり調理するようにしましょう。

あまりにも端っこに置きすぎて、ひっくり返してしまわないように注意してくださいね。
BBQが終わった後、残った油を海や川などに流す行為はやめましょう。

油用の凝固材を使ったり、吸収力のある素材に染み込ませてゴミ袋に入れるなど、きちんと後片付けをしましょう。