スキレットでステーキを焼こう!キャンプでスキレットが活躍

キャンプでダッチオーブンやスキレットを使う方が、多く見られるようになりました。

また使用してみたいけど、使い方が難しそうと、二の足を踏む方も少くはないようです。

ここではそんな方の為に、まずはスキレットを使ってステーキを美味しく焼く方法をご紹介いたします。

スキレットの使い方、準備方法からステーキの焼き方、美味しく焼くためのコツについてもご紹介をしていますので、まずはここから始めてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

BBQにおすすめのおしゃれメニューはコレ!美味しい料理を紹介

友達みんなでBBQを楽しむとき、なるべくおしゃれで美味しいメニューを作って楽しみたいと考える人もいる...

BBQの鉄板のサビを効果的に落とす方法などについてご紹介

BBQは外で肉や野菜が美味しく食べられて、楽しいものですが、それに付き物なのが、しばらくしまっていた...

BBQでの肉の美味しい焼き方。今よりもっと美味しくするコツ

キャンプでは、炭火で焼いた美味しいお肉を食べるBBQも楽しみの一つです。炭火で食べるお肉は、いつもの...

BBQグリルの掃除方法と掃除を楽にするための簡単なコツ

BBQの炭火で焼くと、いつもと同じ食材を使ってもとても美味しく焼けます。美味しいBBQの後に待ってい...

BBQコンロの網や鉄板の掃除方法。汚れを落とすためのコツ

楽しいBBQの後には、BBQコンロの掃除が待っています。油やしつこい焦げ付きのついたコンロの網は掃除...

BBQにおすすめなアヒージョをアルミ皿で!注意点もご紹介

BBQといえばお肉ですが、お肉ばかりを食べていると飽きてしまいます。そんな時に食べたいのがサイドディ...

BBQの持ち物にいれておくべき、便利道具とは

BBQの持ち物を準備する時に、基本的な持ち物を持っていくのももちろんですが、快適にかつ簡単に運んだり...

BBQはアヒージョがおすすめ!代用できる・使える容器を紹介

BBQをするときにおすすめの料理の一つがアヒージョです。実際にBBQでアヒージョを作ったことがない人...

スポンサーリンク

スキレットでキャンプを使用する際にはシーズニングを済ませておくことが重要

スキレットを購入するときにはシーズニングが必要かどうかを確認してから購入するとよいでしょう。

シーズニングとは?
錆びないように表面に塗られているオイルを落として食用オイルを馴染ませる作業です。

中にはシーズニングが必要ない商品もあるので

「そのような面倒な事はしたくない」

という場合にはシーズニング不要の商品を選んで購入しましょう。

スキレットのシーズニング方法

1.まずはスポンジに台所用洗剤を付けて普通の食器と同様に洗います

しかし、実際に洗ってみるとスキレットがザラザラしているのでスポンジだけだとしっかりと油膜が取れていないように感じられます。

タワシをくるくると回すようにしてよく擦って洗いましょう。

2.水で洗剤をよく流して拭き、火にかけます

スキレット上部にもわもわと白い煙が立ち上るまで加熱し続けます。スキレットがよく加熱された部分は色が白っぽくなってきます。全体が白っぽくなるようにスキレットを移動させて炙ります。

3.全体が白っぽくなったら火を止めて冷めるまで待ちます

水などで強制的に冷ますとスキレットが破損する場合があるので、必ず放置して自然と冷ましましょう。

4.冷めたらオリーブオイルをスキレットに適量入れてキッチンペーパーで塗りこみます

内側だけではなく外側や持ち手の部分も全てくまなく塗りこみましょう。
これで完了ではありません。

5.再びスキレットを火にかけます

オリーブオイルが焦げて煙が出て、スキレットは黒く焼けます。全体が黒く焼けたら自然に冷まし、再度オリーブオイルを全体に塗ります。

これを5回程度行います

6.長ネギの葉先や玉ねぎの皮を剥いて取り除いた後の外側の緑っぽい部分などを用意します

鉄のにおい取りのために使用するので、捨てても良い部分を使用します。

ねぎが用意できたらスキレットに入れて、箸でスキレットにこすり付けるようにして充分炒めて取り出します。

7.スキレットが冷めたら水を入れて火にかけて沸騰させます。

油などが浮いてきて出きったようであればお湯を捨ててそのまま火にかけて水分をしっかりと飛ばします。

8.冷めたらオリーブオイルを塗って完了です

シーズニングはとても手間のかかる作業です。

キャンプでスキレットを使用!ステーキを美味しく焼く方法

  1. ステーキを美味しく焼くには、スキレットを熱々に加熱しておきます。
  2. 焼けたスキレットに油を垂らして広げてステーキ肉を入れます。
  3. 1分程度して下側の表面が焼けたら裏返してじっくりと焼きます。
  4. 焼けたら大きく切って広げておいたアルミホイルの中央にのせて素早く包み、5分程度そのままにしておきます。
  5. ホイルから出して完成です。

まだ熱いスキレットに戻して切って食べましょう。

スキレットでステーキを美味しく焼くためのコツ

ステーキを美味しく焼くためには、お肉を常温に戻しておくこと

ステーキ肉に赤みが多い場合には、お肉の周囲全体に米油などのオイルを塗ってコーティングします。
そうして、塩コショウを振ったら迅速にスキレットに入れて焼くことです。

塩コショウを振った状態で長く放置するとうまみ成分が流れ出てしまいます。

キャンプではできるだけ下処理をして持参すると手間が省けて便利ですが、ステーキ肉に関しては何もしないで持参しましょう。

我が家では荷物とゴミ軽減のためにラップに包んでビニール袋に入れて持参しています。

キャンプでもできる安いステーキ肉を柔らかくする方法

安いお肉は往々にして硬いものです。できるだけ柔らかくして美味しく頂きたいものです。

ステーキ肉を柔らかくするためにはまずは筋をしっかりと切ること

  1. ナイフを立ててザクザクと突いて筋を切ります。ちぎれそうになるくらいしっかりと行いましょう。
  2. 完了したらボウルや紙皿などに入れて炭酸水を、お肉が浸る程度注ぎ入れます。
  3. 20分から30分程度放置した後キッチンペーパーにのせて水気を拭き取ります。
  4. 米油などのオイルでコーティングして焼きます。

キャンプで作りたいステーキ以外のスキレットを使った料理

りんごと梨をスキレットで焼く

  1. 皮を洗って皮が付いたままくし型切りにします。
  2. 加熱したスキレットに米油を敷いてりんごと梨を皮を下にして並べて蓋をします。
  3. 柔らかくなったらサトウキビ粗糖を振りかけてバターをのせて溶かします。